スーパー冷却銀次郎をいじめにいじめ抜いたテスト結果

 多くのみなさんがやはり気になるのは・・・

 スーパー冷却銀次郎装着前後の水温の違いだと思います。

 

 そこで、ここでは、実際には有り得ない非常に過酷な中での実験結果をご紹介します。

 「いじめにいじめ抜いた実験結果」が、次の通りです。

 


 【実験方法について】

  

 真夏の外気温32℃の時に風も入らない、走行風も一切ラヂエターに当たらない

 エアコンもOFFにした“室温36度の密室”で・・・

 ハードな走行をする際に最も使う回転数4,000〜5,000回転で

 エンジンをバンバン吹かしながら(レーシング状態)行った実験結果です。

 

 更に・・・、

 

 スーパー冷却銀次郎は、ハンディとして水温が90℃になってから測定した

 「いじめ倒しテスト」の結果です!

ginjiro_test01.jpg

 

【テスト結果】

車は、吸排気系だけ交換したほぼ走行距離が同じ2台の

RX−7のFD3Sで行ったテスト結果です。(触媒装着車)


◆「スーパー冷却銀次郎装着なし」の方のテスト結果

 

スーパー冷却銀次郎を装着していないノーマル車の場合、

スタートから約5分過ぎに危険温度値115℃に達したので、アクセルOFF。

その後、2分間アイドル状態でクールダウンさせたが2℃上昇し結果117℃まで到達。

 

この後更に2分間のアイドル状態で115℃に下がり、

非常にゆるやかに温度が下がるが、10分経っても104℃だった。


◆「スーパー冷却銀次郎装着あり」の方のテスト結果

 

スーパー冷却銀次郎装着車も走行風が一切ラヂエターに当たらないので

水温の上昇はするが、ノーマルとの差は歴然。

 

75℃開弁タイプのローテンプサーモスタット装着車は、110℃に

達した時点、82℃開弁のノーマルサーモスタット装着車は112℃

に達した時点でアクセルOFF。

 

その後、両車共、1分間でそれぞれ3℃ほど水温が下がり、

下がり出して、約5分で90℃前半にまで落ちた。

 


次は、スーパー冷却銀次郎についての詳細になります。

下記よりクリックしていただきご覧ください。
 スーパー冷却銀次郎の取付け方法や気泡の除去方法が分かる商品詳細について
 スーパー冷却銀次郎を実際につけたオーナーさんの感想
 スーパー冷却銀次郎よくある質問集

 FD3S用スーパー冷却銀次郎の商品ラインナップご紹介
 当店取付WEB受付 及び 通販ご購入受付

 RX−8用スーパー冷却銀次郎の商品ラインナップご紹介
 
当店取付WEB受付 及び 通販ご購入受付
 スーパー冷却銀次郎トップページに戻る