RX−7・FD3S用スーパーVATMANウイング/REIDEN(雷電)シリーズ

RX−7・FD3S用スーパーVATMANウイング/REIDEN(雷電)シリーズ

vatmanwing_big.jpg

◆本ページの最後より通販ご注文・当店への塗装取付けご依頼いただけます。  

 


 

リヤウイングは、クルマの最も後ろにあるパーツで

走行風を最後に受け止めてダウンホースを発生させています。

 

この働きは、多くの方がご存じのことでしょうが

リヤウイングは、走行風が最終的にボディから離れる部分でもあります。

 

実は・・・

“この走行風が離れる部分”というのがウイングの設計において非常に重要なのです。

 

というのも・・・、

 

物体が速い速度で前進するととき、空気は物体に沿って流れ物体の後方で空気が離れます。

この物体の後方で空気が離れる際に生じるのが「空気の渦」が発生しています。

 

この空気の渦は、物体が前進すると物体の後方部の空気は薄くなり、

その部分に回りの空気が一気に勢いよく流れ込むために「渦」ができてしまいます。

 

この渦は「抵抗力」で、前進している物体を引き戻そうとする力で

速度が速くなればなるほど、この抵抗力も大きくなります。

 

ですので、クルマの最後部にあるウイングの設計においては、

引き戻そうとする抵抗力の発生を極力抑えることも、非常に重要な点なのです。

 

それは、簡単に言えば、あなたの腰に重たい何かをつけて走ろうとすれば

速く走ろうとしても走り難く、スピードが遅くなるのと同じです。

 

これが人間よりはるかに長さがあるクルマの場合なら、

速いスピードで前進しようとしている力に反して後ろで引っ張られたら

フロントが浮いてしまいます。

 

よく「GTウイングを装着したらフロントが浮いて走りが安定しなくなった!」

という話を聞いたことがありませんか?

 

この症状は、一般的には「リヤのダウンホースに伴うなうフロントの浮き」
言われていますが、実は違います。!

 

このフロントの浮きは・・・、

 

抵抗力が働いて前進しようとする力を引き止めてしまうので

「フロントが浮く」という症状が出てしまうのです。


GTウイングのような、ウイングの大きさも高さもある物だと

前方から流れてきた走行風を沢山受け止めるので、ダウンホースの発生は

純正のようなリヤウイングよりも多くなりますが

 

空気量が多くなったり速度域が速くなると、その分、抵抗力の発生も大きくなります。

ですのでフロントが浮いてしまうのです。

 

驚いた方が多いかもしれませんが、この抵抗力である「空気の渦」を

できるだけ解消できれば、GTウイング装着によるフロントの浮きは起きません。

 

そこでサンアイワークスでは、このGTウイングの大きな抵抗力を極力抑えるために

試行錯誤の結果、

 

ウイングの下面にゴルフボールなどの表面にある「ディンプル」といわれる

凹凸をつけました。

golfball.jpg

 

ゴルフボールには、なぜ沢山のくぼみがあるのかは・・・

 

ボールも空気も切り裂きながらを飛んでいますが

ボールの飛ぶ勢いが衰えるのは、やはりボールの後ろで空気が離れたときに

空気が渦になって抵抗力が発生して引き戻そうとするからです。

 

この物体の後方で発生する抵抗力は、どのような物体でも生じますが

 

特にゴムボールのように凹凸の無いツルっとした表面だと

空気は、表面全体に沿って流れるので後方部に到達する空気量が多く

その結果、抵抗力も多くなるので引き戻すとする力が大きいので

長い距離を飛ぶことができなくなります。

 

そこで、ボールの表面に沢山の小さな凹凸を沢山つけることで

ボールが飛んでいる間、小さな空気量を沢山ボールの表面から空気を離してやることで

後ろに流れる空気量を減らして抵抗力を少なくしているのです。

 

だから、飛距離を求められるボールには沢山の凹凸であるディンプルがあるのです。

 

少々余談ですが、ボールにこのディンプルが無いと約半分の距離しか飛べないそうで、

それだけ抵抗力の発生を軽減できるのがディンプルということです。

 

このディンプルの原理に着目して作ったのが

ウイングの下面に凹凸を設けたのが、スーパーVATMANウイングです。

 

スーパーVATMANウイングは、一般的なGTウイングよりも

ルーフから流れてくる走行風を確実に捕えるために、高さがあります。

そして、ウイングの幅もあるのでダウンホースの発生量は大きいです。

 

ダウンホースの発生量が多いので、当然、引き戻そうとする抵抗力も大きくなるので

ウイングの下面に凹凸をつけて抵抗力の発生を軽減させています。

vatmanwing_back01.jpg

 

この抵抗力の発生を軽減させることに着目して作り上げたので

大きくて高さのあるGTウイングですが・・・

 

「フロントが浮いて安定した走行の邪魔になる」といった症状は緩和され

逆に全体的なダウンホースの発生が得られてでコーナリングで踏んでいける

仕上がりとなっています。

 

その実力は、実際に装着した方にしか分かりませんが・・・

 

「フロントの浮きは装着前と変わらず、全体的なダウンホース得られる!」

「GTウイングをつけたらフロントの浮きの対策をしないとダメと思っていたけど・・・」

 

など、装着していただいた方々より喜びの声を沢山頂戴しているほどです。

 

さて、スーパーVATMANウイングのウイングの形状以外の詳細ですが

 

ルーフから流れてくる走行風を確実にキャッチするためには、

ウイングの高さが必要ですが・・・、

 

ある程度の厚みのあるアルミ製のステーだけで高さを確保すると

重量が重くなり過ぎるのと、ダウンホースの発生量の調整ができなくなるので、

アルミ製のステーとカーボン製の二分割のステーになっており

アルミ製ステーの上にカーボン製ステーが取付けできる構造になっています。

 

また、カーボン製のステーを着けるとルーフの高さに近いハイマウントステーになり

取り外せば、ウイングの位置が下がるのでダウンホースの発生量も小さくなります。

 

ですので、走行状況に応じてウイングの高さが変更できるのと

カーボン製ステーには、数個のネジ穴が設けてあるので、ウイングの角度調整もでき

機能とスタイルの両方を持つステーです。

 highmount01.jpg

 

尚、このスーパーVATMANウイングは、サーキット走行などの

スポーツ走行に着目して作ったパーツですので車検非対応です。

ご自身の十分な管理の下ご使用ください。


最後に、スーパーVATMANウイングは、

ウイング部分の材質が「FRP製」と「カーボン製」の2つをご用意しています。
FRP製は、塗装が必ず必要になります!(黒ゲルコート仕上げ

 

是非、ダウンホースが発生しながらも、走行の邪魔になる抵抗力が軽減され

GTマシーンのような迫力のあるリヤビューに変身する

スーパーVATMANウイングを装着してください。

 

???????? ウイングサイズ

 ウイング長さ  ウイング最大幅  高さ(最大値)
 約169センチ  約36センチ  約36.5センチ

 

toritsuke.gif

RX−7は、リトラクタブルライトと流線型のボディ形状なので、

各ボディ構成部品の取付け方が一般的とは異なる部分が多いクルマです。

 

ですので、エアロ取付け時に求められる「各部の微調整」が非常に難しいく、

プロでも慣れていないと微調整すらできない場合が多く、

また、技術力によって仕上がりに歴然とした差が出るほどです。

 

しかし、そんなことを普通は知らないので

「板金屋さんならどこで取付けても同じ!」と思ってしまいますが・・・、

 

「こまかな隙間の合わせの調整が下手な板金工が行うと、

せっかくのエアロがダイナシで、見栄えが悪くお金をかける意味がないほどです。

 

ボディは、新車の状態のままであることは絶対に有りえず、必ずゆがんでいます。

 

ですから、出来上がりの良い物でもこまかな隙間の調整作業は必要で、

それが、仕上がりに大きな差を生みます。

 

実際に取付けの上手い板金工が仕上げた車と、下手な板金工が仕上げた車を

見比べることができたら、その差にビックリしますよ!

 

どうせ同じお金を払うなら、もちろん「上手い板金屋さん」に頼みたいものです。

でしたら、RX−7の板金も専門に行っている当社へ是非お任せください。

 

遠方の方で当店にご来店される場合、数時間以上かかる方でも、

その美しい仕上がりには「数時間をかけて来られる意味がある!」と

必ずご納得いただけると自信を持っております。

 

当店へ塗装・取付けの全作業をご依頼の場合は、

                 作業期間中「代車を無料」でお貸ししております!

 

 

◆当店での塗装取付け料金について


塗装・取付けご依頼時

FRP製の方は塗装が必ず必要です。

塗装・取付けをご依頼の際は、約10日程度お車をお預かり致します。

但し、作業日数は、天候により左右しますのでご了承下さい。 

塗装・取付け料金:41.040円(税込)

カーボン製の取付け料金:19.440円(税込)

 

注意事項

※イエロー及びパール系のボディ色の場合は、上記料金表示額の
  10,800円(税込)増しになります。

※ 取付け車輌に問題がある場合は、別途費用を頂戴する場合もございます。

 

aero_order.gif

 下記の「黄色いご注文ボタン」をクリックしていただくと、ご注文できます!
 

 vatmanwing_big.jpg

  RX-7 FD3S用スーパーVATMANウイング(FRP製)

  139.320円(税込)送料サービス!

 cart_botan.gif

?T?[?`?i???????j上記画像をクリックすると拡大画像が見れます。

 

 

vatmanwing_back01.jpg

 

  RX-7 FD3S用スーパーVATMANウイング(カーボン製)

  204.210円(税込)送料サービス!

 cart_botan.gif


?T?[?`?i???????j上記画像をクリックすると拡大画像が見れます。 

 

◆当店へ塗装・取付けをご依頼の方はこちら!


当店へ塗装・取付けをご依頼の方は、下記よりお申込み下さい。
ご希望の入庫日時は、本日より7日以降でお願いします。 

電話でのお申込み・お問合せは→043-298-0078(10〜20時まで受付/毎週火曜定休日)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
車種(必須)
取付けエアロ<複数選択可>(必須)
フロントバンパー
フロントアンダカバー
サイドステップ
リヤサイドアンダー
カーボンボンネット
オーバーフェンダー
リヤアップスイープ
VATMANウイング(FRP)
VATMANウイング(カーボン)
カーボンミラー
RX8リヤスポイラー(FRP)
RX8リヤスポイラー(カーボン)
RX8リヤルーフスポイラー(FRP)
RX8リヤルーフスポイラー(カーボン)
(※複数選択可能です!)
第1希望入庫日時(必須)

(例:7月7日午前11時ごろ)
第2希望入庫日時(必須)

(例:8月8日午後3時ごろ)
代車の希望の有無(必須)
必要ない
必要あり
お支払い方法予定(必須)

(あくまでも予定で結構です。)
お返事先(必須)
Eメール
携帯
自宅TEL
その他
(「その他」の場合は下記のコメント欄に連絡先をご入力下さい。)
コメント欄
※2500 文字以内でお願いします

(何かありましたらコチラへ!)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

RX−7・FD3S用カーボンボンネット/REIDEN(雷電)シリーズ

RX−7・FD3S用カーボンボンネット/REIDEN(雷電)シリーズ

carbonbonnet_up.jpg

本ページの最後より通販ご注文・当店への塗装取付けご依頼受付けしています!


多くの社外ボンネットは、クルマの発電をさせているオルタネターや

ファンベルトの位置にダクトが設けられていることが多いです。

 

また、ダクトは、エンジンルームの熱風を冷却させるために開いていますが

ボンネットから走行風を確実に取り込むためには・・・、

 

「ただ穴が空いていれば入る!」というほど簡単、単純ではなく

ダクト部分の角度が重要で、ダクトを適当な位置に開けてもエンジン内の熱風は、

ダクト部分でエアーが渦になり全く抜けません。

 

更には、走行風を確実に取り込むためには「ダクトの位置と角度が重要」で

FDの場合は、エンジンルームが密集しているため、

ダクトの理想位置、角度をつけるのが困難で“お飾りダクト”になってしまいます。

 

そんな「ただの飾り的なダクト」は、雨水等の浸入をさせ、

エンジン補器類のサビや腐食を招き、大きなダメージにつながります。

 

ここ数年では、ダクトをふさぐカバーがついている社外ボンネットもありますが

 

カバーがついていても完全に水の浸入をふせぐことは難しく

カバーとボンネットの隙間に水が入ったままになり

ボンネットが腐食してしまうケースが多く見受けられます。

 

そんなデメリットが多いダクトを設けるならば

サンアイワークスでは「補器類を保護して軽量化することの方が重要!」と割り切って、

ダクトの無いノーマル形状で、軽量化で強度がある「カーボン」で作りました。

 

更には、ボンネットの剛性と便利性も重視して

ボンネット裏の骨組みをFRPで作り、剛性をしっかりさせ、

純正ストライカーを使用できる便利性も図っているオリジナルボンネットです。

carbonbonnet_back01.jpg

 

※カーボンボンネットは沢山発売されていますが
 裏の骨組みが無く、表面もペラペラに薄いカーボンで作られていて
 ボンピンで留めていても、走行時にボンネットが浮いて飛んでしまうという
 お粗末な物もあるのでご注意下さい。

 

 ◆取付けについて


 純正交換タイプなので、取付け作業は、非常に簡単です。

 但し、軽量してあるので高速域での走行時にボンネットの浮く場合がありますので

 ボンネットピン(ボンピン)を装着いただくことをおすすめします。

 ボンネットピンの取付けは、ボンネットの穴あけ加工が必要です。

 

 ◆当店での取付け料金


 ボンネットピンを装着される場合は、10,800円を頂戴します。

 但し、ボンネットだけの取付け時は取付け料サービスとなります。

 

aero_order.gif

 下記の「黄色いご注文ボタン」をクリックしていただくと、ご注文できます!
 

 carbonbonnet_up.jpg

 RX-7 FD3S用カーボンボンネット

 120.960円(税込)送料サービス!

 cart_botan.gif

 

?T?[?`?i???????j上記画像をクリックすると拡大画像が見れます。

 

◆当店へ塗装・取付けをご依頼の方はこちら!


当店へ塗装・取付けをご依頼の方は、下記よりお申込み下さい。
ご希望の入庫日時は、本日より7日以降でお願いします。 

電話でのお申込み・お問合せは→043-298-0078(10〜20時まで受付/毎週火曜定休日)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
車種(必須)
取付けエアロ<複数選択可>(必須)
フロントバンパー
フロントアンダカバー
サイドステップ
リヤサイドアンダー
カーボンボンネット
オーバーフェンダー
リヤアップスイープ
VATMANウイング(FRP)
VATMANウイング(カーボン)
カーボンミラー
RX8リヤスポイラー(FRP)
RX8リヤスポイラー(カーボン)
RX8リヤルーフスポイラー(FRP)
RX8リヤルーフスポイラー(カーボン)
(※複数選択可能です!)
第1希望入庫日時(必須)

(例:7月7日午前11時ごろ)
第2希望入庫日時(必須)

(例:8月8日午後3時ごろ)
代車の希望の有無(必須)
必要ない
必要あり
お支払い方法予定(必須)

(あくまでも予定で結構です。)
お返事先(必須)
Eメール
携帯
自宅TEL
その他
(「その他」の場合は下記のコメント欄に連絡先をご入力下さい。)
コメント欄
※2500 文字以内でお願いします

(何かありましたらコチラへ!)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

RX−7・FD3S用オーバーフェンダー/REIDEN(雷電)シリーズ

RX−7・FD3S用オーバーフェンダー/REIDEN(雷電)シリーズ

overfender01.jpg

◆本ページの最後より通販ご注文・当店への塗装取付けご依頼いただけます。


 

スポーツカーの車体の側面の流れを左右するのがフェンダーです。

元々、車体の周りの流れの乱れが少ないのは、

フロントバンパーにつながるフェンダーが、なだらかなラインになっているからです。

 

また、車の加速を左右するエアロ形成は、

エアーを剥離させずに速くきれいに後方部に流すことが重要で、

その役割を大きく背負っているのがフェンダーであり、

ノーマルフェンダーでも、緻密な計算の元で出来ているのです。

 

ですので・・・・、

 

「太いタイヤを入れるために形状を著しく変えてしまう」ことは、非常にマイナス!

 

しかし、現在主流の17インチや18インチのアルミホイールにするとタイヤも太くなるので

ハンドルを切った時やバウンド等でフェンダーの耳部分とタイヤが干渉してしまい

タイヤもフェンダーも傷が付き、ほっておくと、かなりのダメージになってしまいます。

 

そこで、こういったトラブルを解消でき、且つ、社外エアロに求められる 

「太いタイヤが入り、ブレーキ熱を逃がしてやり、エアーを後方部により速く流す」

といった役割を満たすために、作り上げたのがサンアイワークスのオーバーフェンダーです。

 

本品の設計は、綿密に計算、設計されたノーマルフェンダーのラインを守り、

太いタイヤが入るよう耳の部分を立ち上げています。

 

そして、ダクト角度をつけて大きく開口部を設けて、

ブレーキ熱とタイヤの巻上げ風を抜いて、後ろに流すようにしています。

overfender_duct.jpg

また、ドアの下部にある窪みのプレスラインと一体化できる
シンプルデザインのオーバーフェンダーです。

overfender_press.jpg

 

尚、このオーバーフェンダーは、純正フロントバンパーでも装着可能です。

また、本品は「フロントフェンダーのみ」となり、車検対応品です!


装着時の加工について

取付け時にボディ側の加工等は行わずに装着可能ですが、

フェンダー内部のライナーカバーの一部をカットしてから取付けをする必要があります。

※ライナーのカット、取付け方法は「取付け説明書」があり、ご購入時にお送りします。


装着可能なアルミホイールのサイズ

基本的にフェンダーの耳の部分が立ち上がったラインなので

かなり太いサイズでも対応していますが、

FD3Sの場合は、以下のアルミのサイズを超えると、ハンドルを切った際に

フェンダー内部にあるメンバー等に干渉してしまいます。

また、タイヤが太すぎてフェンダーから出てしまうと車検にとおりませんので

車検に対応している最も最大値を記載しておきます。

   ???? 車検対応MAXサイズ→18インチ/9,5J/オフセット+40 

 

toritsuke.gif

RX−7は、リトラクタブルライトと流線型のボディ形状なので、

各ボディ構成部品の取付け方が一般的とは異なる部分が多いクルマです。

 

ですので、エアロ取付け時に求められる「各部の微調整」が非常に難しいく、

プロでも慣れていないと微調整すらできない場合が多く、

また、技術力によって仕上がりに歴然とした差が出るほどです。

 

しかし、そんなことを普通は知らないので

「板金屋さんならどこで取付けても同じ!」と思ってしまいますが・・・、

 

「こまかな隙間の合わせの調整が下手な板金工が行うと、

せっかくのエアロがダイナシで、見栄えが悪くお金をかける意味がないほどです。

 

ボディは、新車の状態のままであることは絶対に有りえず、必ずゆがんでいます。

 

ですから、出来上がりの良い物でもこまかな隙間の調整作業は必要で、

それが、仕上がりに大きな差を生みます。

 

実際に取付けの上手い板金工が仕上げた車と、下手な板金工が仕上げた車を

見比べることができたら、その差にビックリしますよ!

 

どうせ同じお金を払うなら、もちろん「上手い板金屋さん」に頼みたいものです。

でしたら、RX−7の板金も専門に行っている当社へ是非お任せください。

 

遠方の方で当店にご来店される場合、数時間以上かかる方でも、

その美しい仕上がりには「数時間をかけて来られる意味がある!」と

必ずご納得いただけると自信を持っております。

 

当店へ塗装・取付けの全作業をご依頼の場合は、

                 作業期間中「代車を無料」でお貸ししております!

 

 

◆当店での塗装取付け料金について


塗装・取付けご依頼時

塗装、取付けをご依頼の際は、約10日程度お車をお預かり致します。

但し、作業日数は、天候により左右しますのでご了承下さい。 

塗装・取付け料金:73.440円(左右/税込)

 

注意事項

※イエロー及びパール系のボディ色の場合は、上記料金表示額の
  25,920円(税込)増しになります。

※ 取付け車輌に問題がある場合は、別途費用を頂戴する場合もございます。

 

aero_order.gif

 下記の「黄色いご注文ボタン」をクリックしていただくと、ご注文できます!

overfender01.jpg  RX-7 FD3S用オーバーフェンダー

 129.600円(税込)送料サービス!

 cart_botan.gif

 

?T?[?`?i???????j上記画像をクリックすると拡大画像が見れます。

 

◆当店へ塗装・取付けをご依頼の方はこちら!


当店へ塗装・取付けをご依頼の方は、下記よりお申込み下さい。
ご希望の入庫日時は、本日より7日以降でお願いします。 

電話でのお申込み・お問合せは→043-298-0078(10〜20時まで受付/毎週火曜定休日)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
車種(必須)
取付けエアロ<複数選択可>(必須)
フロントバンパー
フロントアンダカバー
サイドステップ
リヤサイドアンダー
カーボンボンネット
オーバーフェンダー
リヤアップスイープ
VATMANウイング(FRP)
VATMANウイング(カーボン)
カーボンミラー
RX8リヤスポイラー(FRP)
RX8リヤスポイラー(カーボン)
RX8リヤルーフスポイラー(FRP)
RX8リヤルーフスポイラー(カーボン)
(※複数選択可能です!)
第1希望入庫日時(必須)

(例:7月7日午前11時ごろ)
第2希望入庫日時(必須)

(例:8月8日午後3時ごろ)
代車の希望の有無(必須)
必要ない
必要あり
お支払い方法予定(必須)

(あくまでも予定で結構です。)
お返事先(必須)
Eメール
携帯
自宅TEL
その他
(「その他」の場合は下記のコメント欄に連絡先をご入力下さい。)
コメント欄
※2500 文字以内でお願いします

(何かありましたらコチラへ!)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。