NA車の吸気方法について

 自然吸気であるNA車。

みなさんがお乗りのRX−8もNA車です。

 

しかし、「ロータリーエンジンだからその吸気方法がレシプロとは違う」

というワケではありませんが、

 

正しい、自然吸気の方法を知っている方も少ないと思うので

ここでは、誰にでも分かり易く専門用語などを使わずに解説します。

 

まず、自然吸気の吸気方法でよく耳にするのが・・・

 

“負圧を利用して空気を吸い込んでいる”などと言われていますが

何のことだか正直よく分からない方も多いと思います。

 

では、実際にどういった方法かを具体的に解説していきます。

 

「負」と言えば「マイナス」を連想される方も多いと思いますが、

実際には、マイナスの圧力なんて、この世にはありえません。

 

最も最低でも、真空状態である「0=ゼロ」気圧が最低で

マイナスと言うと、気温のように「マイナス何℃」といった具合に

ゼロ以下の「−」を想像しますが、圧力においてはそうではありません。

 

では、圧力において「負圧」とはどういう状態かと言えば

 

物理や工学上の「負圧」の定義では、

0(ゼロ)より下はないので、

1気圧以下0(ゼロ)未満の小さな圧力を「負圧」と言います。

 

なので「負圧で吸気している」と言われている自然吸気は、

1気圧以下の圧力で吸気していると言う事ですが、

この気圧の数字は厳密に覚えておかなくてもいいですが・・・、

 

覚えておいて欲しいのは、

 

基本的に空気などの気体は、

        圧力の高い方から低い方へ流れます。

 

この自然の法則を利用して吸入しているのが自然吸気と

呼ばれる、いわゆる「NA車の吸気システム」です。

 

もう少し詳しく解説しますが、

 

エンジンの爆発工程は、

ロータリーエンジンだろうがレシプロエンジンだろうが

 

ガソリンと空気が混ざった混合気が

「吸入→圧縮→爆発→排気」の順で1サイクルです。

 

最も混合気が圧縮された高圧力状態の時に

プラグから火花が出て爆発して排気するのですが

 

混合気が爆発して排気された状態の燃焼室内部は

何も残っていない状態に近いので

圧力も限りなく0=ゼロに近い状態です。

 

そうすると、空気等の気体は圧力が高い方から低い方へ

流れるので、

 

エアクリーナーを通って、圧力の低いエンジンの燃焼室へ

流れていき、ガソリンと混ざって混合気となり吸気されます。

 

もちろん、この吸気は「混合気が圧縮、爆発、排気」と3つの

動作をしているときは、吸気口(サイドポート)が閉じているので

吸気はされませんが、

 

その間は、一瞬ですが吸気口の外で空気が渋滞している状態で

さらに渋滞の列の後ろからドンドン空気が押しつめてくる

「おしくらまんじゅう」のような状態になり、

よりスムーズに吸入が行われます。

 

これが自然吸気=NA(ナチュラル・アスピレーション)の

基本的なメカニズムです。

 

 これに対して、ターボ車の場合は・・・、

 

エンジン燃焼後に排出される排気ガスをタービンという

加給装置に送り込み排気ガスの勢い(俳圧)を利用して

タービン内部の羽根を回転させることで

強制的に空気を吸い込んで燃焼室内部に取り込んでいます。

 

なので、自然吸気のNA車より吸気量は増大して

より大きなエンジンパワーを得ることができますが

 

いずれにしても、

NA車とターボ車の違いは「吸気方法」であって

 

「吸気→爆発→排気」という基本原則は変わりありません。

 

が・・・・、

 

NA車のRX−8と、ターボ車のRX−7の場合、

同じロータリーエンジンですが、

 

実は、かなりエンジンの構成部品に違いがあります!

 

この違いこそが、

 

多くのRX−8のエンジンの圧縮が低い原因につながっている!

 

その違いを十分ではないにしても少しでも理解できれば

エンジンの圧縮を落とすことなく乗れるのと、

 

ただ単に「NA専用オイル」という言葉の感じだけで

選んで失敗するということは避けられるようになります。

 

それでは、次のページでは

「RX−7とは違うRX−8のエンジン構造」について

解説しましょう!

 


◆次の章「RX−7とは違うRX−8のエンジン構造について」

 読まれたい方はコチラをクリックしてください! (別ウインドウで開きます)