サンアイワークス リンク集

 

prodrive01.gif  WRCのアルミホイールと言えば「prodrive」
  アルミホイールの中でも最も剛性が高く
  当店のデモカーにも装着しています。

  http://www.prodrive-japan.com/

 

 


dunlop01.gif 

  走りを追求したダンロップのDIREZZA
 多くのスポーツタイヤで性能は群を抜く。
 当店おすすめのタイヤです。

http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/direzza/

 


omega.jpg

  OMEGAオイルとは鉱物油のこと。
  そのOMEGAオイルをそのまま社名にしている
  Omega社。

  鉱物油の中でも不純物0(ゼロ)のパラフィン系
  オイルを供給している品質にこだわったOmega社
  のオイルを当店では使用しています。

  http://www.omegaoil.co.jp/

 

 


hirocart.jpg

 サンアイワークスのスーパー常連さんの
 イノセントブルーのFD3Sに乗る、ひろか〜とさん。
 歴代のRE車に乗り続けている、ロータリーDr.石井と
 同期の熱狂的なクルマ好きの楽しいアメーバブログ。

 http://ameblo.jp/hirokart/

 

 

 


点検・メンテナンス・オリジナルパーツ取付け等のご予約方法について

 当店での全ての点検、作業、取付け等は完全ご予約制となっております。

 ご予約方法は「お電話・WEBお申込(当ページ最後より)」にて
 受付けしております。

 お客様の適した方法でお申込ください。お待ちしております!

 ?d?b お電話でのご依頼 平日:10時〜19時/土日・祝日:10時〜17時受付


 全国通話料無料のフリーダイヤルをご利用ください。土日・祝日も受付しております!

 043-298-0078 (携帯・PHSからもご利用可能)

 ・平 日 受 付 時 間  :AM10:00〜PM7:00まで

 ・土日・祝日受付時間:AM10:00〜PM5:00まで

 ・定休日:毎週火曜日

 ?l?b?g WEB取付けお申込み 24時間365日受付


 当ページ又は各ページの一番下に「WEB取付けお申込フォーム」

 ございますので、 必要事項をご入力の上「送信する」のボタンを押して

 お申込みください。 尚、取付けご希望日時は、当店の予約状況を確認次第、

 ご指定のご連絡先にお返事いたします。

 

 日常基本メンテナンすのご依頼は、直接お電話にてお申込み願います。

 また、各作業の開始時間は10時からになります。

 各種点検の最終受付時間は、午後2時です。 

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
携帯TEL

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
愛車の車種(必須)
ご依頼内容(複数選択可)(必須)
プレミアム総合点検
エンジンメンテつき総合点検
REレスキュー点検(不調原因追究)
エキスパート車検
フューエルストレーナー交換
スロットルボディ清掃
スーパー冷却銀次郎取付け
エアロ塗装・取付け
オリジナルマフラー取付け
その他
(その他の場合は、依頼内容をコメント欄にお知らせ下さい。)
第1希望作業日時(必須)

(例:7月7日11時ごろ)
第1希望作業日時(必須)

(例:8月8日13時ごろ)
ご予約日確定のご連絡先(必須)

(その他の場合は、連絡先をコメント欄にお知らせ下さい。)
コメント欄
※2500 文字以内でお願いします

(何かありましたらこちらへ!)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

RX−7・FD3S用ALLステンレスマフラー

maffupside.jpg

 マフラーは、高温・高圧に耐え、車の下廻りに
 あるため非常に過酷なパーツです。

 だからこそ、高い剛性と材質のクオリティは重要です。 

 また、エンジンの熱を最も多く逃がす部品が
 マフラーでありスムーズに排気ガスが放出されなければ、
 エンジン出力の低下をまねくので、
 排気効率が良いことが第一条件です。

 

 

更には、ロータリーエンジンの場合は、独特のエンジンサウンドを損なわない
快適なエキゾーストサウンドであることが求められます。

その全てを網羅するため、細部にまでこだわり、度重なるテストの末に作り出したのが、
ハイクオリティで高性能なサンアイワークスのオリジナルマフラーです。

このページでは、ロータリー用マフラーにおける重要性やポイントと合わせ
オリジナルマフラーの解説を行っていますので、じっくりご覧いただき、
ご納得の上、是非この機会をお見逃しなく、ステップアップしてください。   

 

maff_kaisetsu.gif

 

 ロータリーエンジンの排気ガスの実態を知ろう!


 排気ガスの温度は、走っている状況や環境によって差が生じるので一概に断定は
 できませんが当店での実験では、一般的な街乗りでレシプロの場合は、
 平均的に500〜600℃程度です。

 これに対してロータリーに場合は、平均800〜900℃程度。

 このようにロータリーの排気ガスは、非常に高温で、それに伴い
 排気圧力も排気騒音もレシプロより高いのが特徴です。

 よって、ロータリー用のマフラーに求められるのは、高温・高圧・高排気騒音に
 長い期間耐えられる、しっかりと作り上げられた物でなくてはなりません。

 また、ロータリーエンジン特有の、ある程度強烈で快感を呼ぶような
 エキゾースト・ノート=ロータリーサウンドが求められるので、
 これに応えた、マフラー作りが必然となります。  

 REエンジンから排出される「高温・高圧・大きな排気騒音」による排ガスの弊害


 高温な排気ガスがなせる弊害

 排気ガスの温度が高いと冷間時との温度差が当然大きいので、マフラー内部の
 温度も激しくなります。温度差が激しいと発生するのが「水滴」。
 水滴の発生は、金属の腐食を進行させマフラーの剛性を落とし耐久率の低下に
 つながります。特に金属の腐食は、材料の質によって左右され、安価な物は、
 腐食スピードも早く耐久性に劣るので、高温な排気ガスを流出するロータリー用
 マフラーは、良質な金属を使用していないと耐久性が低くなります。

 

 高圧による弊害

 排気圧力も高いロータリーの排気ガス。圧力が高いと起きる弊害は、排気ガスの抜けの
 良し悪しと、高圧力によるマフラーの破損などがあります。
 排気ガスの流出については、マフラーのパイプの形状や太さによって大きく左右され
 スムーズに排気ガスが排出されない限り、エンジン出力の低下につながります。
 また、溶接などの外的加工が多いと高圧による破損が起きやすくなるので要注意です。

 

 大きな排気騒音による弊害

 大きな排気騒音は、振動や回転域によっては高周波の音波の発生により
 マフラー剛性の低下につながり、ひいては耐久性に影響を及ぼします。
 特にロータリーの排気ガスは、高温なため排気ガスの流速スピードに勢いがあり
 排気騒音も大きいので排気騒音を的確に取り除くよう、形状の流行などに
 左右されることなく、良質なマフラーを作ることが求められます。

sanaimaff.gif

 サンアイのマフラー作り/こだわり:1 「剛性と消音」


タイコ部分前後のマフラーパイプが貫通する側面のプレートの外周を囲むような
耳=「テーパー形状」にすることにより、高品質な材質による耐久性に加えて、
さらに強度がアップされています。

このことにより、排気騒音による振動に耐え、騒音も低滅するので、
消音効果の向上にもつながっています。

特に、エンジン高回転域になると高周波の音波が発生する際に起きる耳障りな
ビビリ音も一切ありません。

また、テーパー形状によりリヤビューの見栄えと高級感が増し、
一石二鳥以上の仕上がりとなっています。

teiper.gif

tepa_rx701.jpg

    実際のテーパー形状の画像

 サンアイのマフラー作り/こだわり:2 「パイプの形状・太さ・溶接」


パイプの形状について 
 paipu.jpg

パイプの曲がり方によって、
排気効率は大きく左右されます。

出来るだけ、なだらかなラインで材質も
ガスがすべり易いモノにすることで、
排気ガスを通りやすくさせることが重要です。

曲がりの激しいパイプ形状は、抵抗になり、
排気ガスの抜けを妨げてしまいます。

また、タイコ内部を貫通しているパイプ形状も重要で、排気抵抗を抑え効率を良くする為には「ストレート構造」が理想です。

 

パイプの太さについて
 
パイプの太さは、排気圧力の高いロータリーには、パイプが太いと
 マフラー内部の壁同士に排気ガスがぶつかり合って速やかに排出できなくなったり
 逆に抜けすぎたりと、排気ガスの流出の妨げになりエンジン出力の低下となります。

 エンジンの熱を最も大きく捨てられる場所が「排気ガス」なので、
 排気ガスを速やかに排出させなければ、エンジンへのダメージにもつながります。

 ノーマルエンジンでもチューニングエンジンでも、いずれも速やかに排気ガスを
 流出させることがとても重要なことです!

溶接について
 多くの金属部品を作るうえで2つの金属を一体化させるために「溶接」は
 欠かせない加工技術です。

 しかしながら、溶接は金属に熱を加え溶かしてしまうので強度面から言うと
 何も加工を施していない金属より落ちてしまいます。

 ですので、溶接加工が欠かせない金属部品作りでは、
 この弱点を十分に考慮した製作を行う必要性があります。

サンアイマフラーのパイプの形状・太さ・溶接は?】 

 サンアイワークスのマフラーは、パイプも全て「SUS304」ステンレスを使用し、
 なだらかなパイプ形状と、タイコ内部に通っているパイプも「ストレート構造」にして、
 排気ガスがスムーズ且つ速やかに出やすい構造にこだわって作りました。

 パイプ径は「ノーマルからハードチューンでもスムーズに排気ガスの流出できる太さ」
 ということにこだわり、度重なるテストによって得たデーターを元に
 「メインパイプ80φ・テールエンド86φ」という太さにしています。
 (ノーマルのパイプ太さ:メイン・テールエンド共に55φ)

 溶接については、特に排圧が高いロ−タリーエンジンは、長期間の使用により
 接部部分が裂けたり腐食によって排気漏れを起こす原因となるので
 パイプは全て「曲げ」による加工で行い、極力溶接箇所を少なくしています。
(パイプを溶接によって曲げているマフラーは意外と多いので要注意!)

 サンアイのマフラー作り/こだわり:3 「タイコの形と排気騒音の軽減」


タイコの形状について
マフラーのタイコ部分は、排気騒音を長期間に渡り軽減させる部分であり
とても大切な部位です。

このマフラー形状にも流行があり、一時期タイコ部分が太いパイプで形成されている
タイコ容量が少なく消音・騒音率が低い「見た目だけ」といった砲弾型が流行しました。
現在も、その名残りがあるようで砲弾型マフラーを装着している方が結構います。

しかし、高温・高圧・大きな排気騒音といった通常よりすさまじいロータリーエンジンの
排気ガスを長期間、確実に処理しなくてはならないタイコに求められることは
「十分に容量があり、しっかりと騒音を吸収できる仕掛けを施せる」
ということです。

ですので、まずは容量が確保できるタイコ形状である必要性があります。

排気騒音の軽減について
もし、マフラーが無い状態で排気ガスが出てしまうと、ファミリカーだとしても
F1カーに負けない位、もしくはそれ以上の排気騒音で普通に乗れません。

ましてや、ロータリーの場合は通常より排気圧力が高いので、
その騒音は通常よりも大きいです。

このすさまじい排気騒音を確実に長期間吸収してくれるのが
「吸音材(しゅうおんざい)」という金属製の物です。

吸音材は、排気ガスの温度・圧力を分散させて騒音を低滅させており
グレードや材質など何種類もあります。


サンアイマフラーのタイコ形状と吸音材について
弊社が採用しているタイコの形状は小判型のような「オーバルタイプ」
タイコの容量があり、高温・高圧「仕掛け」を十分に施すことができます。

吸音材は、一般的には「グラスウール」を使用することが多いのですが、
グラスウールは、耐熱性はあるが、経年と高温による材質変化や焼けて消失したり、
排気ガスや温度差から生じるタイコ内部の水滴の発生で腐食してしまうことがあります。

ですので、弊社ではこの問題をできるだけクリアできる吸音材を求めた結果、
「メタルウール」という、最高級ステンレス「SUS403」から作られた吸音材を使用しています。

また、グラスウールは、1枚のマットのような物をパイプに巻きつけるので
通気性が少なく消失しやすいという欠点があるので、

サンアイのマフラーは「メタルウールをタワシ状」にした物を巻きつけ、
適度な通気性と密着を確保させることで、長期間確実に排気ガスの温度、
圧力を分散させて騒音をより低滅させています。

 サンアイのマフラー作り/こだわり:4 「材 質」 


材質について
繰り返しになりますが、ロータリーエンジンは高温な排気ガスが排出されるので
冷間時との温度差が激しいので、通常より温度差によるマフラー内部の水滴の
発生率は高くなります。

また、マフラーはクルマの下廻りに装着されるので、路面からうける外的影響も
大きく非常に過酷に使われる部品でもあります。

更に、マフラーも消耗部品ではありますが、油脂類やプラグといったように
頻繁に交換される物でなく「数年に一度交換されるかされないか?」といった
長期間使用される部品だけに、優れた耐久性が求められます。

以上のように、長期間に渡り「腐食、耐熱、耐久性」が求められるので
おのずと、良質で使用条件にあった材質を選択することが重要です。

鉄・アルミ・ステンレスなど、多くの金属が沢山あり金属の種類名だけで
製品の材質を言ってしまいますが、それぞれの金属にはランクとそのランク特性
があるので注意が必要です。

サンアイのマフラーの材質について/マフラー外部
メインパイプ・タイコ・テールエンド・触媒取付け口のマフラー外部は
全て「SUS304」という「ステンレス製」になります。

ステンレスも沢山のランクがありますが「SUS304」という
最高級グレードの物です。

この「SUS304」というグレードを採用している理由は・・・・

1、「腐食」に強いこと
2、溶接などの熱加工時に金属の溶けが良いのでしっかりと溶けて付いてくれ、
  溶接部分の腐食率も他のグレードより優れているからです。

サンアイのマフラーの材質について/吸音材
一般的にマフラーの吸音材は、グラスウールが使用されていると話をしましたが
もう少し補足すると、グラスウールは「約350℃前後の炎で燃える」といった
性能があるので、排気ガスは、炎ではありませんが350℃以上の高温ガスであるので
燃えて消失してしまう可能性が非常に高いです。

また、水を含んでしまった場合“音を吸収することがほとんど出来なくなる!”という
特徴もあるので、サンアイではグラスウールを吸音材として使用していません。

では、サンアイのマフラーの吸音材は、何を使っているかと言えば
SUS403」というステンレス製の吸音材を使用しています。

「SUS403」も最高級グレードのステンレスで、
特性は「腐食に強く、熱にも非常に強い」ということです。

というと「まらばマフラー外部にも使えば?」というご指摘を受けるかも知れませんが

SUS403」は、溶解性がSUS304より落ちてしまいます。
SUS403」も溶接は可能になっていますが、溶解性には優れていないので
溶接部分の破損等、トラブルが起きることがあるのでサンアイでは採用していません。

 サンアイのマフラーの音量・音質について


【音量】

国で定めた音量基準値は「96db(デシベル)」までならOK!

当社で調べた音量計測方法
純正触媒を装着していて「サンアイワークスのマフラー」に交換して計測。

また国が定める騒音の計測方法は「原動機(エンジン)の最高出力の75%の回転数で
数秒間保持した後、急速に原則した場合の最大騒音値」
となって いますので、

調査時の計測はエンジン回転「5250rpmで10秒間保持した際」の数値となります。

   上記の調査方法での計測結果→92dbなので保安基準適合
   及び「車検対応」しています!

【音質】

「軽やか」といったサウンドで「静か目」になります。

特にこのサンアイのマフラーの特徴的なサウンドは、4.000〜6.000回転時の
軽やかなロータリーサウンドは、多くのユーザー様に定評があります!

下記のボタンをクリックすると“映像と共に実際のサウンド”が体感できます!

※映像は、6型走行距離4万キロ弱のFD3Sで
「社外フロントパイプ+スポーツ触媒+サンアイマフラー」を装着した際のサウンドです。

sound_bt_rx-7.gif

 サンアイのマフラーの最低地上高について


国が定める最低地上高は「路面からタイコまで9cm有すること!」

もちろんこの基準に楽々クリアしています!車高が落ちていても安心です!

 

【最低地上高の計測方法】

tijyoukou_zu.giftijyoukou.gif

  <サンアイワークスのマフラーを装着した際の実際の地上高について>

    約3cmローダウンしたFD3Sの場合で「16.5cm」なので車検対応!

    ※地面が完璧に水平となっている場所での計測結果ではありませんが、できるだけ平らな場所で計測した結果です。

 サンアイのマフラーの重量について


「フルステンレス+オーバルタイプ」のマフラーの中では、ダントツの軽量マフラー!

高品質で耐久強度に優れた最高級ステンレスを採用しているからこそ実現できた
「パイプ内部の薄肉化」と「タイコの大きさの縮小化」により、
一般的なタイプより軽量化されています!

一般的なフルステンレス+オーバルタイプのマフラー重量は、約12〜14キロ程度
サンアイのマフラーは“約10キロ”と軽いです!

一般的なフルステンレス+オーバルタイプのタイコの大きさは(FD3Sの場合)
縦430ミリ×横300ミリ×高さ200ミリ(おおよそ)に対して・・・

サンアイのマフラーのタイコの大きさは縦430ミリ×横255ミリ×高さ175ミリです!

kounyuu.gif

fd_maff.jpg

 

RX−7・FD3S用
ALLステンレスマフラー
全年式・全グレード対応
(触媒後)

129,600円(税・送料込み)
※沖縄・離島は別途送料必要

      cart_botan.gif

 

 

 


RX-7/FD3S用4点式ハーネスフックつき軽量アルミ製リヤタワーバー

 

towerbar01_small.jpg

 FD3Sの室内をレーシーに演出させながらボディ補強と
 4点式ハーネスを簡単に装着できる優れた軽量アルミ製の
 リヤタワーバー!

 商品詳細とご注文は、下記です!

 

 

 

 

【 本タワーバーの3つの最大特徴

@このリアタワーバーを取付けると「チョチョイのチョイ!」と室内ボディの加工一切ナシ!で、
  愛車に4点式ハーネスが装着できるようになる!非常に便利!

A本リヤタワーバーの取付も、4点式ハーネスも簡単に装着ができる!

Bボディ補強もでき、見た目もGTマシーンのようにレーシーになる!

 

【 4点ハーネスの取付けと本リアタワーバーの詳細 】

4点式ハーネスを取付ける時は、シートの脱着や室内カーペットの剥し、
穴あけ加工をしてハーネスのフックを引っかけるためのアンカーボルトを取付けるなど
意外と手間のかかる作業で、プロが作業してもそれなりに時間が掛り結構面倒です。

しかし、このリヤタワーバーをパっとつければ、面倒な室内の加工作業を一切行わずに
誰でも簡単に4点式ハーネスを取付けることができるようになります!

その秘密は・・・・、

タワーバーの左右に「ハーネスを取付けることのできるフック」が計4ヶついているから。

towerbar02_small.jpg


画像のようにタワーバーにハーネスフックがあるお陰で、
4点式ハーネスをつける時に一切の面倒な作業をせずに取付けできるのです!

また、室内ボディにアンカーフックを取付けてしまうとボディを痛めるだけでなく
たまに後部座席に人を乗せる時など、乗り降りや座っている際も不自由なので
ハーネスをフックから取外ししますが、フックが下部にあるとその取外しも一苦労!

しかも、ハーネスをフックから外しても足元にゴチャゴチャと置いておくしかないので
普段は、結構邪魔になってしまうこともあります。

しかし、このハーネスフックつきのタワーバーを装着すると・・・

タワーバーの左右がネジ式調整になっているので、ハーネスが邪魔な時は
そのネジをゆるめてクルっとタワーバーを回しフックを後ろ向きにして、
ハーネスをバケットのショルダーベルトホールから引き抜いけば、
ハッチ部分にハーネスを収納できるようになり非常に便利です!

それだけでは、ありません!機能も充実しています。

タワーバーの左右がネジ式調整になっているおかげで
ネジの微調整により「ボディのたわみ具合」を調整できます。

また、左右にはピロボールも着いているので、
走行時にボディにかかる力を逃がすことでショックを低減させて守ります。

材質にもこだわり「40Φの超軽量アルミパイプ」を使用しているので、非常に軽いです。

GTマシーンのような室内の演出にも一役かう、便利で優れたリアタワーバーです。

toritsuke_tyuui.gif

 取付け方法


 取付けは、どなたでも工具があれば取付け可能です!
 必要工具は、大きいモンキー、12ミリのスパナやメガネレンチが2本あればOK。
 大きいモンキーが無ければ、手でも大丈夫です。
 また、分かりやすい写真入取付け説明書がついています ので、通販で購入されても
 工具さえ有れば取付けの心配は御無用です!

 サンアイワークスでの取付けご依頼の際は、取付け料金は頂戴いたしません!

 注意事項1


towerbar03_small.jpgノーマル時に純正リヤタワーバーが装着されていないグレードの場合は、ブラケットが別途必要です。
取付けはボルトオンですので簡単です!
必要な場合は、ご注文時に別途お申し付けください。

 

純正左右ブラケット1セット(取付けネジつき)
¥3.680(税込み)

 注意事項2


リヤ部分が大きな事故を起こし修正していてもボディが歪んでいる車に装着すると、
本品は、ボディのたわみをかなり取るので、異音が出る場合があります。

tsuhan_order.gif

towerbar01_small.jpg

 RX−7・FD3S用全年式対応

 4点式ハーネスフックつきリアタワーバー

 ¥30.672(税・送料込み)※沖縄・離島は送料別途必要

   cart_botan.gif

????L当店にて取付けご希望の方はご依頼方法をご覧下さい!

????Lインターネット以外からのご注文方法はこちら!

 

 

 

RX-7・FD3S用のエンジン冷却パーツと油脂類のご紹介

ロータリーエンジンの冷却に特化したオリジナル部品と油脂類のご案内です。

 

ginjiro_all.gif

ginjiro_fd3s.jpg

 

冷却水の循環効率を確実に上げエンジン温度を下げる、大人気のスーパー冷却銀次郎

全ラインナップは下記をクリック!

syousai_banner.gif

 

 

 

 

guwama.gif

oilkoukankit.jpg

 

エンジンフィーリングの違いが必ず  体感でき、優れた圧縮回復と維持が定評のぐわぁまの油!

全ラインナップは下記をクリック

syousai_banner.gif

 

 

 

 

 

RX-7・FD3S用サンアイワークスオリジナルエアロ/雷電(REIDEN)シリーズ

top.jpg

作りの良さが自信!

FD3Sの美しい流曲線を崩さずエアロ本来の役割を重視した機能美のエアロ。

サンアイワークスオリジナルエアロ、雷電(REIDEN)シリーズは、

Simpleで上質なさりげない大人の雰囲気が魅力です。

 

 

 

 

 

fd_frontb.gif

frontbamper_s.jpg

  FD3S用フロントバンパー

  ¥90.720(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

fd_sidestep.gif 

sidestep_s.jpg

  FD3S用サイドステップ

  ¥69.120(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

fd_rearside.gif

rearside_s.jpg

  FD3S用リアサイドアンダー

  ¥43.200(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

overfender.gif

overfender.jpg

  FD3S用フロントオーバーフェンダー

  ¥129.600(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

 

carbonbonnet.gif

carbonbonnet_s.jpg

  FD3S用カーボンボンネット

  ¥120.960(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

 

vatmanwing.gif

vatmanwing_s.jpg

  FD3S用スーパーVATMANウイングFRP(GTウイング)

 ¥139.320(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

 

vatmanwing.gif

vatmanwing_cs.jpg

  FD3S用スーパーVATMANウイングCARBON

  ¥204.210(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

 

rearupsweep.gif

rearupsweep_s.jpg

  FD3S用リアアップスイープ

  ¥136.000(税・送料込み)

syousai_banner.gif

 cart_botan.gif

 

 

 


  • 通販ご注文は、各詳細ページからも受付けしております。
  • 当店へ各エアロの塗装取付けのご依頼は、各詳細ページの一番下より
    「WEBお申込み」にて受付けしております!
  • お問合せ等は、お気軽にご連絡ください!
    TEL→043-298-0078 / ???[?? info@sanai-d.com

通信販売でのお支払い・ご注文方法

osiharai01.gif

通信販売にてご注文の際は、以下のお支払い方法がご利用いただけます。

1、銀行お振込み ご注文後に当店の銀行口座をお知らせします。

2、商品と一緒に「郵便局専用の払込用紙」をお送りする代金後払いの郵便振替
   ※1回のご注文金額が2万円以上の場合は、払込手数料は当店負担です!

3、代引き(現金) 別途一律1.050円の手数料を頂戴します!
   商品到着時に配達ドライバーさんへ商品代金を「現金」にてお支払い願います。
   代引きサービスは、佐川急便のEコレクトサービスを利用しております。
   
※離島・沖縄など、一部の地域では、代引きはご利用頂けません!

4、代引き(クレジットカード) 別途一律1.050円の手数料を頂戴します!
   商品到着時に配達ドライバーさんへ商品代金をお手持ちの「クレジットカード」にて
   お支払い願います。代引きは、佐川急便のEコレクトサービスを利用しております。
   ※離島・沖縄など、一部の地域では、代引きはご利用頂けません!
     
     r_u.gif 
一括・分割払い・リボ払い対応

   payment03.gif

5、WEBクレジットカードご清算
   ご注文手続きが完了すると、自動的にWEB上でお手持ちのクレジットカードで
   ご清算いただける画面に切り替わりますので、お手続き願います。
   お支払い回数は、一括・分割・リボ払いとなります。
   但し、お客様のカードご契約内容によりお支払い方法は異なります。

   r_u.gif ご使用いただけるカード会社

   visa.gifmastercard.gif jcb.gifnicos.gif amex.gif

 

 

tsuuhann_order.gif

ご注文は、当ホームページからのWEBご注文・お電話・FAXにて受付けております。

お客様に適した方法でお申込みください。お待ちしております!

 ?d?b お電話でのご注文 平日:10時〜20時/土日・祝日:10時〜17時受付け


 全国通話料無料のフリーダイヤルをご利用下さい。土日・祝日も受付しております。

 0120-787-044 携帯・PHSもご利用可能です。

 平 日 受 付 時 間  :AM10:00〜PM8:00まで
 土日・祝日受付時間:AM10:00〜PM5:00まで
 定 休 日 :毎週火曜日

 ※「スーパー冷却銀次郎の注文をしたい」とお伝え願います!

 ?l?b?g 下記の商品ラインナップからのWEBご注文 24時間365日受付け


 商品ラインナップの中からご注文商品をご選択いただき

 cart_botan.gif のボタンをクリックして、ご注文お手続きしてください。

 詳しいWEBご注文のお手続き方法は、こちらをクリックしてご確認下さい。

 r_u.gif WEB通販ご注文時は、クレジットカードをご利用いただけます!

スーパー冷却銀次郎取付けのご依頼方法のご案内

 当店での全ての点検、作業は「完全ご予約制」となっております。

 ご予約方法は「お電話・FAX・各ページからのWEBお申込」にて受付けしております。

 お客様の適した方法でお申込ください。お待ちしております!

 ?d?b お電話でのご依頼 平日:10時〜20時/土日・祝日:10時〜17時受付


 全国通話料無料のフリーダイヤルをご利用ください。土日・祝日も受付しております!

 0120-787-044 (携帯・PHSからもご利用可能)

 ・平 日 受 付 時 間  :AM10:00〜PM8:00まで

 ・土日・祝日受付時間:AM10:00〜PM5:00まで

 ・定休日:毎週火曜日

  r_u.gif 「スーパー冷却銀次郎の取付けをしたい!」とお伝えください!

 ?l?b?g WEB取付けお申込み 24時間365日受付


 各ページの一番下に「WEB取付けお申込フォーム」がございますので

 必要事項をご入力の上「送信する」のボタンを押してお申込みください。

 尚、取付けご希望日時は、当店の予約状況を確認次第、ご指定の

 ご連絡先にお返事いたします。

 

RX−7&RX−8スーパー冷却銀次郎取付け注意点

 注 意 点:1(RX−7&RX−8共通)

 気泡を除去するためにラヂエターホースを2分割にカットしてジョイントパイプを

 装着させるのでラヂエターホースが劣化していると水漏れします。

 「新品の純正ラヂエターホース」に同時交換すれば水漏れはしません ので、

 取付け時は、必ず純正ラヂエターホースと交換してください!

 r_u.gif 新品純正ラヂエターホースとセットになったラインナップをご用意してます。 

 注 意 点 : 2

 劣化したラヂエターを使用したままでスーパー冷却銀次郎を装着すると

 「ラヂエターからの水漏れ」を起こす可能性が高いです!

 スーパー冷却銀次郎を装着すると、冷却水の流れがいっきに早まるので

 劣化したラヂエターだと水流に耐えられず水漏れが起きます。

 

 特にRX−7に乗っている方で一度もラヂエターのオーバーホールや交換を

 行ったことがない場合は、ラヂエターとセットになった商品ラインナップもありますので

 ラヂエターの交換を一緒に行って下さい。

 Vマウントを装着されている場合は、通販は対応不可

 Vマウントの販売メーカーやショップさんにより取付け等がそれぞれ異なりますので

 Vマウントを装着されている方は、当店にて取付けされる場合のみ対応可能です。

 r_u.gif 尚、通常のスーパー冷却銀次郎をご購入頂いても絶対に装着できません!

 

 取付けご依頼の際はお電話下さい!→043-298-0078

 RX−8でバッテリーを移設されている場合は、通販は対応不可

 バッテリーの移設先にスーパー冷却銀次郎の付属部品を取付けする為、

 付属部品の加工取付けが必要となります。

 当店にて取付けされる場合のみ対応可能です。

 r_u.gif 尚、通常のスーパー冷却銀次郎をご購入頂いても絶対に装着できません!

 

 取付けご依頼の際はお電話下さい!→043-298-0078

 

 ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡下さい。

 Eメール:info@sanai-d.com

 TEL:0120-787-044(AM10時〜PM7時対応:毎週火曜定休日)