NA車の吸気方法について

 自然吸気であるNA車。

みなさんがお乗りのRX−8もNA車です。

 

しかし、「ロータリーエンジンだからその吸気方法がレシプロとは違う」

というワケではありませんが、

 

正しい、自然吸気の方法を知っている方も少ないと思うので

ここでは、誰にでも分かり易く専門用語などを使わずに解説します。

 

まず、自然吸気の吸気方法でよく耳にするのが・・・

 

“負圧を利用して空気を吸い込んでいる”などと言われていますが

何のことだか正直よく分からない方も多いと思います。

 

では、実際にどういった方法かを具体的に解説していきます。

 

「負」と言えば「マイナス」を連想される方も多いと思いますが、

実際には、マイナスの圧力なんて、この世にはありえません。

 

最も最低でも、真空状態である「0=ゼロ」気圧が最低で

マイナスと言うと、気温のように「マイナス何℃」といった具合に

ゼロ以下の「−」を想像しますが、圧力においてはそうではありません。

 

では、圧力において「負圧」とはどういう状態かと言えば

 

物理や工学上の「負圧」の定義では、

0(ゼロ)より下はないので、

1気圧以下0(ゼロ)未満の小さな圧力を「負圧」と言います。

 

なので「負圧で吸気している」と言われている自然吸気は、

1気圧以下の圧力で吸気していると言う事ですが、

この気圧の数字は厳密に覚えておかなくてもいいですが・・・、

 

覚えておいて欲しいのは、

 

基本的に空気などの気体は、

        圧力の高い方から低い方へ流れます。

 

この自然の法則を利用して吸入しているのが自然吸気と

呼ばれる、いわゆる「NA車の吸気システム」です。

 

もう少し詳しく解説しますが、

 

エンジンの爆発工程は、

ロータリーエンジンだろうがレシプロエンジンだろうが

 

ガソリンと空気が混ざった混合気が

「吸入→圧縮→爆発→排気」の順で1サイクルです。

 

最も混合気が圧縮された高圧力状態の時に

プラグから火花が出て爆発して排気するのですが

 

混合気が爆発して排気された状態の燃焼室内部は

何も残っていない状態に近いので

圧力も限りなく0=ゼロに近い状態です。

 

そうすると、空気等の気体は圧力が高い方から低い方へ

流れるので、

 

エアクリーナーを通って、圧力の低いエンジンの燃焼室へ

流れていき、ガソリンと混ざって混合気となり吸気されます。

 

もちろん、この吸気は「混合気が圧縮、爆発、排気」と3つの

動作をしているときは、吸気口(サイドポート)が閉じているので

吸気はされませんが、

 

その間は、一瞬ですが吸気口の外で空気が渋滞している状態で

さらに渋滞の列の後ろからドンドン空気が押しつめてくる

「おしくらまんじゅう」のような状態になり、

よりスムーズに吸入が行われます。

 

これが自然吸気=NA(ナチュラル・アスピレーション)の

基本的なメカニズムです。

 

 これに対して、ターボ車の場合は・・・、

 

エンジン燃焼後に排出される排気ガスをタービンという

加給装置に送り込み排気ガスの勢い(俳圧)を利用して

タービン内部の羽根を回転させることで

強制的に空気を吸い込んで燃焼室内部に取り込んでいます。

 

なので、自然吸気のNA車より吸気量は増大して

より大きなエンジンパワーを得ることができますが

 

いずれにしても、

NA車とターボ車の違いは「吸気方法」であって

 

「吸気→爆発→排気」という基本原則は変わりありません。

 

が・・・・、

 

NA車のRX−8と、ターボ車のRX−7の場合、

同じロータリーエンジンですが、

 

実は、かなりエンジンの構成部品に違いがあります!

 

この違いこそが、

 

多くのRX−8のエンジンの圧縮が低い原因につながっている!

 

その違いを十分ではないにしても少しでも理解できれば

エンジンの圧縮を落とすことなく乗れるのと、

 

ただ単に「NA専用オイル」という言葉の感じだけで

選んで失敗するということは避けられるようになります。

 

それでは、次のページでは

「RX−7とは違うRX−8のエンジン構造」について

解説しましょう!

 


◆次の章「RX−7とは違うRX−8のエンジン構造について」

 読まれたい方はコチラをクリックしてください! (別ウインドウで開きます)

 

RX−8間違いだらけのオイル選び!

 平成15年にRX−8が発売されたから以降、

多くのメーカーや専門ショップから「NA専用エンジンオイル」や

「ロータリーNA専用エンジンオイル」等が発売されています。

 

「NA専用エンジンオイル・・・・」

 

なんか非常にNA向きで

ターボ無しのクルマには、良さそうな感じがします。

 

そして、実際に多くのRX−8のオーナーさん達が

この「NA専用エンジンオイル」を使っていると思います。

 

確かに、排気ガスで過給量を増やすターボ車と

自然吸気のNAだと、エンジンパワーが違うし

 

「NA専用」という言われると、

NA車に乗っている方ならば誰だって良さそうな感じがします。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

今、使われている「NA専用オイル」ですが、

あなたは、ひょっとすると・・・

 

「NA専用」っていう言葉の感じから

何となく良さそうだから使っているだけではありませんか?  

 

 実は、私、ロータリーDr.石井は、

RX−7ほど多くはRX−8の点検を行ってはいませんが

それでも毎月10台程度は行っています。

 

なので、RX−8販売開始後からトータルすれば

それなりの台数を見てきていますが・・・

 

私が点検してきた限りですが

100%のRX−8がエンジンの圧縮が失われています!

 

RX−7のエンジンの圧縮が落ちているのなら年式的に

私も納得できるのですが、RX−7よりも圧縮が低いのが現状。

 

新車で購入されて、2年も経っていないRX−8までも

エンジンの圧縮が非常に落ちていて低いのです!

 

この事実、多くのロ−タリー専門店は日本全国に沢山ありますが

おそらく気がついているのは数社か、うちしかないでしょう。

 

それに気がついていたとしても

「エンジン駄目だからオーバーホールですね」で片付けられている。

 

実は、RX−7とRX−8は「ロータリーエンジン搭載車」ですが

エンジンの構造は、かなり違います!

 

代表例で言えば、

 

アペックスシールが3分割から2分割になったりしていますが

そんなことより、もっと他の部分が違うのです!

 

「その違い」こそがエンジンの圧縮のカギを握っています!

 

しかしながら、このような事実が雑誌等で取上げられることはなく

多くは社外パーツの紹介やインプレッションばかり。

 

なので、私は、私のホームページで本当の実態を紹介し

あなたの愛車はあなたご自身で守っていただきたいと思っています。

 

それに、ただ単に「RX−8のエンジンの圧縮が落ちている!」と

言うだけでは、当然ながら納得できないと思うので、

 

「NA車の吸気方法」などの基本的な部分から

「RX−7とは違うエンジン構造」などの解説を

誰にでも分かり易く行った上で ・・・・

 

「どういったエンジンオイルを使えば良いのか?」と

いうことを全3章に分けてご説明します。

 

各項目ごと、各ページにまとめていますので

順番に読まれて参考にしてください。

 


 ◆下記のタイトルをクリックされて順番にお読みください!

 (※全て別ウインドウで開きます。)

 

1、NA車の吸気方法について

2、RX−7とは違うRX−8のエンジン構造について

3、RX−8には、どんなオイルを使えば良いのか?