ブログ2013.09.30/スーパー冷却銀次郎 in シンガポール

今年の夏は、しかし暑かったあせあせ(飛び散る汗) 

猛暑という言葉が年々夏になると耳にするが、最近は本当にヤバイexclamation

 

ヤバイと言えば、ロータリーエンジンの水温は、今年はヤバヤバで・・・

特にRX−7のFD3Sも考えてみれば旧車とは言わないが、それに近い域に達してきていて

RX−8だって、初期型ならもう10年以上経過している。

 

そんなロータリーなクルマ達。

 

FD3Sからは、エンジンルームや室内の関係上ラヂエターの位置が見えにくく

そして冷却しずらい。

 

しかも、実際に乗っているオーナーがラヂエターを目視するなんてできないから

知らぬ知らぬのうちに、ラヂエターが逝かれているケースがここんとこスゲー多く

今年の夏は、知っている人も多いだろうけど・・・

 

冷却効果を上げるスーパー冷却銀次郎の部品代を安くする

ただ単なるセールじゃなくて、うちで取付けを依頼してくれた方々に限って

 

「純正タイプのラヂエターをプレゼントして、取付けもしてあげるexclamation」っていう

かなり太っ腹な企画を打ち出した。

 

で、あんまり頻繁に出してはいないがメルマガでも案内を送ったら・・・

遠くシンガポールからメールを頂戴したmail to

 

内容は・・・

 

ご案内いただきありがとうございます。

スーパー銀次郎を取り付けて1年近く、シンガポールの暑さの下でも街乗りで相当効いています。

日本では頻繁には起こらないと思いますが、リザーバータンクのパンクによる取り替えが不要になって

メンテナンスコスト節約効果も大きいと思います。当地では、いずれお釣りがきそうです。

これまた暑いセパンサーキットでも本格的に水温が上がるまでの水温上昇が緩やかになりました。

 

アジア圏では、RX−8ユーザーが多いのでRX−8にお乗りのオーナーだと思う。

FD3Sも考えられるが、確か以前にシンガポールから来たRX−8オーナーが

スーパー冷却銀次郎を買って帰ったような記憶がある。

 

定かではないが、シンガポールかマレーシアに結構の数の銀次郎を送ったこともある。

 

いずれにしても非常にありがたいメールを頂戴したわーい(嬉しい顔)

そして異国の地で活躍している銀次郎を思うと、何か不思議な気分な俺飛行機

 

アメリカやイギリスでも、スーパー冷却銀次郎を取付けしてくれているオーナーはいるんだけど

相手は、外国人で英語しか話せないからメールを送ったりできないが、きっと活躍してくれているだろう。

(やり取りするとき、スゲー大変で・・・鬼嫁ユッコが「日本語話しやがれ!」とうなっていたのを覚えている)

 

それにしても、スーパー冷却銀次郎。結構海外で活躍してくれている揺れるハート

この記事へのコメント
メルマガを読んで、遅ればせながら自分のコメントがブログに取り上げられているのに気づきました。
お察しの通りシンガポールのRX-8ユーザーです。スーパー銀次郎は日本に一時帰国した際に持ってきました。
Monster Garageというロータリーチューナーで取り付け、英語補記した取説見せながらの作業でしたが、彼らも理にかなった銀次郎のシステムには納得していました。
Posted by 亀井 at 2014年02月06日 23:19
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)