トラブル事例集:FD3Sのアイドリング不調(プラグコード編)

 ◆ご来店時の症状とユーザーさんの話

 「アイドリングがなんとなく不安定で噴け上がりも悪い気がする」とのことで、

  これまでディーラー、専門店、町の修理工場など5件ほど行き

 この不調を直したくて点検と修理の依頼をしたが

  原因が分からず「ロ−タリーはこん感じ!」と、どこでも言われ

 全く改善されず、当店へご来店されました。

 

 

アイドリングの不調を訴えられてご来店されるユーザーさんは、

昔から非常に多いです。

 

「アイドリングの不調」の原因は、様々ありますが多くの場合、

アイドリングの不調を訴えてディーラーや修理工場などに修理を依頼すると、

ハッキリした原因が分からないことがほとんどで ・・・

 

原因が分からないけど

「スロー状態(クルマが停止していてエンジンがかかった状態)の

エンジン回転数を上げる」という対応をします。

 

実際に、このオーナーさんも、

スロー状態のエンジン回転数が1,200回転程度に調整され

かなり回転数が高くなっていました。

 

ここで少々余談ですが、

なぜ?アイドリング不調時に、多くの整備士たちが

「スロー状態のエンジン回転数を上げる」という対応をするのかは

 

「アイドリング時の不調」を噛み砕いて言うと

「アクセルを全く踏んでいない状態の時、エンジンの回転が不安定」という症状で 

 

アイドリングの回転数を決めているのは

エンジンの燃焼室へ送り込まれる空気の吸入量を司っている

「スロットルボディ」にある、

throtlle.jpg

     「FD3Sのスロットルボディ内部の画像」

 

アクセルが全く動かないスロー状態でも

エンジンの燃焼室に空気が送り込まれ爆発が起きるように

空気を取込まれる「空気穴」の開閉率によるものです。

 

少々分かりにくいので、現物の画像を見て下さい。

 

次の「白い○」の中にある小さな穴が空気穴で

その穴の上にマイナスドライバーが刺さっています。 

throtlle_air.jpg

 

上記の写真のようにドイラバーを動かすと

ドライバーの先にあるネジの締め具合で穴の開閉率が調整でき

アクセルOFFのスロー状態時のエアー供給量を決めています。

 

基本的にスロットルボイディへ送り込まれる空気量が

エンジンの燃焼室へ送り込まれる空気量に直結していて

スロットルバルブの開弁率によって取込める空気量が違うので

そのスロットルバルブの開弁率をスロットルセンサーによって計測しています。

 

そして、センサーによって感知された信号がコンピューターに送られることで

燃料の噴射量を計算して、その信号がインジェクターのセンサーへ届き

燃料の噴射タンミングが決まり燃料量が調整されて空気と混じり混合気となり、

燃焼室で爆発が起きて、はじめて適切なアイドリングとなります。

 

ちょっと説明が長くなりましたが、これが基本なので、

「アイドリングが不安定」というと多くの整備士達は、

まずは「空気量が適正ではないのか?」と疑い

アイドリング時に送り込まれるスロットルボディの空気量を調整をするのです。

 

この対応は、基本的には間違いではありませんが

「アイドリング異常」において、この対応だけが全てでは決してありませんし、

アイドリング時のスロットルの空気量を調整しても

アイドリングの不調が直らない場合は、当然ながら他にトラブルを抱えています。

 

しかしながら・・・、

 

「ロータリーエンジンのアイドリング具合はこんなもん!」と言われて

アイドリングの不調の本当の原因を探らずにメンテが終わるケースが実に多いです。

 

私から言わせてもらうと、ロータリーでもレシプロでも

エンジンの構造は違っても、基本的には同じなので

「ロータリーは・・・・」という特別視する理由は無いはずなのですが。

 

さて、今回、来店された方も、訪れた多くの店や工場で

「ロータリーはこんなもん!」と言われた一人でした。

 

時折起こる「不安定なアイドリングと、重ったるい噴け上がり感」が

以前とは違うように感じ、

 

直したくって5件ほどディーラーや専門店、町の修理工場などに行き、

修理代を払ってきたけど全く改善されず

「サンアイはどうか?」と、半ば疑心暗鬼で来店されました。

(気持ちは分かりますねぇ)

 

今回のこのケース。

 

着目するべき点は・・・、

「時折不安定で、噴け上がりが悪い!」という部分で、

「よくエンジンが止まりそうになる」とは、オーナーさんは言っていません。

 

スロットル系統の異常時は、信号で停車したり、

車庫入れなど「ほとんどアクセルを踏んだか踏まないか?」といった状態の時に

「エンジンが止まりそうになる」といった状態になります。

 

なので、今回のケースは、

「アイドリング時にスロットルボディへ送り込まれる空気量が不足している」

というトラブルとは違うものです。

 

では、何が悪かったかと言うと・・・

 

プラグコードの装着不良によるものです!

 

次の画像を見て下さい!

plugcord.jpg

白い○の部分をよく見てもらうと分かりますが

イグニッションコイルへの差込口がしっかりと差し込まれていません!

 

「こんなことでアイドリング不調になるの?」とか

「こんな基本的なことなの?」と思われるかも知れませんが

 

クルマというのは、基本的なことが積み重なって

きちんと走るようになるのです。

 

今回のこの事例は、実は、かなり多いトラブルです。

 

多くのFD3Sに乗っているオーナーさん達は

社外のプラグコードに交換していると思います。

 

社外のプラグコードは、純正品に比べると非常に高価です。

 

価格が高い分、プラグから出る火花量が増大するように思われますが

それは、プラグも良好な状態でプラグコードもしっかりと差込んであり、

電気系も元気な状態である場合に限ります。

 

しかし、このようなことは当たり前なのに、なかなか知られていないので

このオーナーさんも「高価な社外のプラグコード」に交換することで

その対価に見合った火花の増量を期待しました。

 

高価な社外パーツを買うと、より高い効果を望むのは誰しも当然のことですが

その期待が裏目に出てしまうケースは実に多いものです。

 

“プラグコードの交換などそんなに難しくない!”

と一般的に思われがちですが

 

FD3SにしてもRX−8にしても、

現代のクルマは、エンジンルームが複雑に入り組んでいるので

手が入りにくく、きちんと装着できずにトラブルを引起してしまうケースを沢山見てきています。

 

繰り返しになりますが、

今回のトラブルの直接的な原因は、「イグニッションコイル」にプラグコードが

きちんと差込まれてないことで、

 

これが原因で点火が不安定になってしまっていたことです。

 

点火が不安定になれば、エンジンの調子が悪くなるのは当然です。

 

FD3Sなどの現代のクルマは、「コンピューター制御」とよく言われ

確かに、イグニッションコイルとコンピューターの関係が複雑化しています。

 

しかし、いくらコンピューター制御だとしても、

コンピューターは、あくまでも各部品の動作を感知して計算しているだけなのです。

 

コンピューター社会の今、コンピューター主体と考えがちですが

クルマにおいて言えば、あくまでもメインは

 

“一つずつの部品”であり、“その部品がきちんと動くこと!”です。

 

そして、もう一点忘れてならないのは、

 

「カンタンだ!」と思い込んでいることが、実は、そうでもなかったりするので

やはり、技術力のある所でしっかりと作業をしてもらうことです。

 

今回のトラブル事例も、ほったらかしにしておけば

繰り返す点火異常で、エンジンブローも起こります。

 

実は、プラグコードの装着不良が原因で

エンジンブローを起こしているケースは、結構あります。

 

明日は、我が身!

 

是非、的確な点検を受けて大きなトラブルを未然に防ぎたいものです。

 

参加お申込みありがとうございます。

 

この度は、参加のお申込をありがとうございました。

 

折り返し、お申込内容をEメールにてお送りいたしました。

後日、こちらから、ご予約確定のご連絡をいたします。

 

万が一、内容に間違いがありましたら下記の連絡先まで

お手数ですがご一報ください。

 

ありがとうございます。

 

★−−−−−−−−−−−−−−−−−
 株式会社サンアイワークス
 TEL  0120−787−044
 千葉県千葉市花見川区長作町163
 ■Email:info@sanai-d.com
 ■URL:http://www.sanai-d.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−★

 

RX-7/FD3S試乗会&中古車実態を知る勉強会
9月26日(日)茂原ツインサーキットで開催!締切り間近です!

 hiro.jpg開催終了しました多数のお申込ありがとうございました。

次回は、群馬のお店の方で
11月7(日)に予定しています!

 

サンアイワークスの石井です。

 

 このページのタイトルにある通り、

 9月26日(日)に千葉県の茂原ツインサーキットで

 RX−7・FD3Sのメンテナンスが完璧に行き届いた

 コンプリートカーを乗ることができる試乗会と、

 

FD3Sの中古車の実態をあなた様の目で確認できる

中古車のエンジン内部まで見ることができる勉強会を開催することにしました。

 

「なので、どしどしお越し下さい!」と普通なら言うのでしょうが・・・

 

私は、多くのFD3Sに乗りたい方から、すでに乗っている方々まで

FD3Sの現状を知ってもらいたいのと、失敗してもらいたくないので

今回、このような会を設けました。

 

私は、ご存じの方も多いかと思いますが

日々、多くのロータリー車の点検やメンテナンスを主に行っており、

その台数は、他店には負けないはずです。

 

「星の数ほど・・・」という言葉がまさにピッタリなほど診てきていますが

その中でも、近年、中古車を購入し

納車直後に私の元へ訪れ点検される方々が非常に多く、

 

日本一FD3Sの中古車の現状も診てきた男であるとも言えます!

 

 現在、FD3Sの中古車の状態は、販売価格の高い安いに関わらず

かなり “ どうしようもない状態 ” になってしまっています!

 

また・・・、

 

FD3Sに乗られてきたオーナーカーも

メンテナンスが行き届いているクルマは、極わずかで

トラブルを抱えているFDが非常に多いのが実際のところです。

 

ようするに・・・

 

中古車だろうが、乗り続けられているFD3Sだろうが

非常に調子の悪いクルマが多いのです。

 

なので、社外パーツの取付けよりもメンテナンスを優先させることを

長年「メンテナンス重視」でやってきた私は

機会のあるたびに訴え続けてはきましたが、

 

残念なことに、多くのFD3Sの現状は

 

末 期 症 状 といった具合になってきています。

 

と言っても、この困った現状を

中古車を探している方も、すでにFD3Sのオーナーさんでも

あなたご自身が実際に状態の良し悪しを判断することは、非常に難しいです。

 

それは・・・、

 

本当にベストコンディションのFD3Sに乗ったことがないし

中古車で走りこまれたエンジンの内部や補器類など

事細かにどんな状態になっていているかなんて実際に見たことがないから。

 

良い状態を知らなかったら

悪い状態なんて分かるはずがありません!

 

 なので・・・、

 

「ロータリードクター」と呼ばれる私こそが

多くのFD3Sの中古車を探している方々や、

すでにFD3Sのオーナーさんに向けて

 

完璧にメンテナンスが行き届いたベストコンディションなFD3Sが

どんなフィーリングなのか、ご自身の体で知っていただくため

 

私が完璧にメンテナンスしたコンプリートFD3S(完全なFD3S)を

実際に乗れる「試乗会」の場を今回設けました。

 

更には・・・、

 

FD3Sの中古車探しをされている方々で最も心配な

中古車のエンジンの状態を知っていただくために

 

中古エンジンを用意して、あなた様の目の前で私がバラバラにし

あなた様自身でエンジン内部まで見られ(←そうはそんな機会はナイ)

様々な役立つ話を私がさせてもらいます!

engine_barashi.jpg

 

また、中古車の補器類などの状態までも細かく見ることができる

FD3Sの現状から維持に方法にいたるまで

 

私が長年、現場でつちかってきた豊富な情報を

出し惜しみすることなくお伝えする勉強会も同時に行います!

 

自分で開催するのに自分で言うのも変かも知れませんが 

こんな役立つ会は、そうはなく、かなり貴重な会だと思います。

 

FD3Sを探している方も、現在、すでにFD3Sに乗られている方も

「真剣にベストコンディションなFD3Sに乗りたい!」と思っている方は

是非、9月26日開催のこの会へお越しください。

 

お申込は、先着30名様(予定)となりますので

お早目に今すぐお申込みされた方がよいかと思います。

(先着30名様を超えたので、締切り間近です!)

開催終了しました!多数のお申込ありがとうございます!

 

尚、開催当日に当店のスタッフが

中古車やオリジナルパーツ、メンテナンスを行うように

無理強いするようなセールス行為は、一切行いませんので

ご安心の上、ご参加ください。

 

会の詳細やお申込方法は、次の通りですので

ご確認の上、お申込み下さい。

 

茂原ツインサーキットにてお待ちしています!

 

                                      ロータリーDr.石井こと
                                                             石  井  洋  行

 

 

<主な内容>

  • ロータリーDr.石井が完璧に作り上げたコンプリートカーの試乗
  • 中古ロ−タリーエンジンの解体と解説、他(勉強会)
  • すでにFD3Sオーナーは、自分のクルマとの乗り比べ会
  • レーシングドライバー山田英二氏によるデモカー同乗走行

 

 

   ※サーキットでの開催となりますが、普通の運転で試乗下さい。(スポーツ走行不可)

   ※試乗車にお乗りになる際、お子様の同乗は固くお断りいたします!

 

 

◆お申込み方法 (受付終了しました!)


  何かございましたら下記の電話番号までご連絡ください!

  1、TEL 0120-787-044 (10時〜20時まで受付/火曜日休み)

 

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご自宅郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
ご自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
ご自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(携帯可)(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
参加人数(必須)

(ご参加は免許証取得者に限るに)
お車の所有について(必須)
FD3Sの中古車を探している
FD3S所有者
その他
既にRX-7にお乗りの方は型式と年式を教えて下さい。

(例:FD3S6型/平成15年式)
参加受理等のお返事先(必須)
Eメール
TEL

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。